ネズミの被害はなぜ、なくならないのか?

LINEで送る
Pocket

人が居るところにネズミ在り

そう言わんばかりに、ネズミの被害は頻繁に起こります。

そして、どれだけ対策をしても、その被害は社会的に見ると無くなる傾向はありません。

では、なぜネズミの被害はなくならないのでしょうか。その理由について考えてみましょう。

人間の暮らしがネズミを生み出している?

人間の生活に依存して生きている

ネズミの被害がなくならない理由として、人間の暮らしそのものがネズミを生み出していることが挙げられます。

これはなぜかというと、ネズミが人間の生活に依存する形でその個体数が増えている点があるからです。

人間の社会に発生する家ネズミは、まず食料の面で人間に依存している面が大きいでしょう。

人間の生活の中では、多くの生ゴミが出ますのでそれを食べることもありますし、栽培している農作物を食べることもあります。

人間が食生活を送る中で、そのおこぼれをもらう形でネズミは生命を維持し、子孫を残していくのでその発生が続きます。

人の暮らしがネズミにも心地よい場合がある

人間の暮らしは時代を追うごとに良くなってきています。

その住環境の良さは、ネズミにとっても生息するのに良い環境となるケースが多いです。それも、ネズミが発生する要因の一つと言えます。

ネズミにとって人間の住処が住みやすい点として、寒さを凌げることが挙げられるでしょう。
ネズミも人間と同じ哺乳類であるため、寒さに弱いです。人間の家屋は断熱材や暖房で暖かいですので、寒くなく冬を越すことができます。

つまり、人間がネズミにとって安心して暮らせる住居を提供しているとも言い換えられます。そうなると、ネズミの数が増えるのは必然と言っても良いでしょう。

ネズミの生命力や繁殖力は意外と強い

ネズミは短期間の内に繁殖していく

どれだけ駆除をしても、ネズミが発生するのは、その繁殖能力の高さも大きいでしょう。

ネズミは短期間の内にどんどんと繁殖していきますので、最後まで息の根を止めなければ個体数が減っても再び個体数は増えます。

ネズミの繁殖力が高いのは、一回に産む子供の数が多いことが理由の一つです。さらに、ネズミは繁殖可能な体になるのも他の動物より早いですし、妊娠をする確率も高いです。

このように、繁殖能力という面では様々な好条件な性質を持っているため、一度に沢山の子供が生まれてその子供がすぐに成体になって子供を産んで・・・というハイスピードな繁殖を繰り返すのです。

生命力の高さもネズミの特性である

どれだけ繁殖能力が高かったとしても、すぐに死んでしまうような動物であれば個体数が増えることはありません。

ですが、ネズミは繁殖能力が高いだけでなく、生命力が高いというのも特性です。

ネズミは雑食なのでどのような物でも食べて生命を維持できますし、乾燥に強い種類のネズミはそれほど水分を取らなくても生きていくことができます。

また、クマネズミなどについては、殺鼠剤を食べても死なないような生命力がかなり強いタイプのネズミも発生しています。これは、人間がクマネズミに殺鼠剤への耐性をつけた故であるとも考えられます。

これからのネズミ対策にむけて

ネズミが住みにくい環境を心がける

人間の生活環境がネズミを発生させている原因の一つであることが理解できれば、次にそれを踏まえた上でのネズミ対策の方法を考えていくことが大切です。

そのネズミ対策として、まず考えられるのは、ネズミが住みにくくなるような環境を作ることを心がけるということです。これは、決して人間も住みづらい環境を作るわけではありません。

例えば、ネズミのエサとなるものを十分に処分したり、ネズミが嫌がる忌避剤などを置くなどの対策をするなどを行うべきです。

ネズミを住みにくくすれば、その繁殖を最小限に食い止めることができます。

完全な駆除は難しいことを理解する

ネズミが住みにくい環境を作ったとしても、やはりどこかでネズミは人間の落ち度を見つけて、その隙間に入り込む形で繁殖を維持していく可能性があります。

そのため、地域など広い範囲での完全な駆除は難しいということを理解しましょう。

そして、完全な駆除は難しいからこそ、各家屋や建物などにおいて、ネズミへの対策を怠らないようにするべきです。

自分自身の生活が結果的にネズミを発生させていると意識すれば、必然的に自らネズミへの対策を行わなければならないという、行動の動機にもなってくれます。

まとめ

人間の生活がより良いものになってきたことに合わせるように、ネズミ自体も人間の環境によってより一層発生している面があります。

そのため、ネズミが人間の生活に依存しないような対策をしなければなりません。

もともと繁殖能力の高いネズミですから、人間がその繁殖の手助けをしないように、それぞれの人がネズミ対策をすることがネズミ駆除の上では理想だと言えます。

こちらの記事もどうぞ → 毒エサの使い方教えます

LINEで送る
Pocket